Web2.0における叡智の結集

  • 2008/10/22(水) 23:52:22

Web2.0における叡智の結集

Webにおける現象として
WikipediaやLinuxなどユーザー参加による
叡智の結集が行なわれることがしばしばある。

なぜこのようなことが起こるのか、
を考えてみたいと思う。



仕事中もコーディングの図

まず背景として、
物があふれ、生活が豊かになったことから
ネット上のボランティア作業に没頭しても
生活が脅かされるという危険性が減ったことが挙げられる。
日々の生活に苦しむようであれば、
直接の金銭的利益に結びつきにくい
ネットでの知的生産活動にはなかなか従事できないだろう。
所得倍増計画の最中にはこんな現象は起きるはずもない。
現在、特にヨーロッパ、アメリカを始めとした先進国の生活が豊かな層で
オープンソース開発などの活動が活発なようだ。

このような背景があり、
実際にネット上の知的生産活動に楽しみを見出した人々は
次々とボランティア作業に没頭していく。

ではこの活動の”楽しみ”というはどこから生まれるのだろうか。

それは以下の2つだと私は思う。
.優奪半紊涼療生産活動のあいまいさ(偶有性)
知らない人との共同作業によって、新たな気づきや考えが得られる快感がある。
自分の書いたページ、プログラムが誰か知らない人に
改変されてよりよいものになったときの快感、感動などがあるだろう。
そして、参加者は、よりよいものを提供すれば、相手からよりよいリアクションが返ってくる
というポジティブフィードバックを信じている。
そこには絶対にこのようなリアクションが返ってくるという保証はなく、
よい意味でのありまいさが存在する。
この偶有性がさらなる活動の欲求につながるのだろう。

∪果物のわかりやすさ
Wikipediaにしろ、linuxにしろ成果物が非常に分かりやすい。
皆の叡智を結集したネット上の辞書、無償OSなど
このようなものは実際にリアル世界にもあるし、
世の中における必要性が分かりやすい。
完成物に関してもある言葉の説明のページやプログラムなど
きちんとカタチを持ったモノを伴っている。
つまり、皆にわかりやすい共通のゴールがある。

もしこれが、2chのようにユーザー参加型で偶有性を持ってはいるが
成果物、ゴールが分かりにくい知的生産活動ならば
活動者はその欲求を見出せなくなってゆくだろう。

上記2つの楽しみがあるようなネット上の活動は
世界に対して最高の成果物を常に提示し続けるのではないだろうか。

→ご興味いただけましたら1クリックお願いいたします。
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術評論・デジタル評論へ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

いっちゃってだしちゃって


マジ最高すぎる出会いとかどんだけwwwww

上も下もこんだけ幸せでいいのか?マジおまえらやってみろって!!www
http://s54zs1b.aya.campus123.net/

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する