The World Wide Computer works for me!~世界中のコンピュータと知識を自分に役立てる~

  • 2008/11/08(土) 17:09:46

The World Wide Computer works for me!

今あなたが操作しているPCにとらわれず、
インターネットを介して連携した無数のコンピューターたちを自分ために働かせるには。
もっともっとFree&Freeなインターネットリソースを自分の知的作業のために役立てるには。



(いまさらながら。。。)
マッシュアップは提供されているWeb APIを組み合わせて
より便利なサービスを生み出すための単なる手法だと捕らえていたが、
実はそれにはもっと深い意味があった。
無数のコンピューターたちがインターネットというサービスバスを介して連携した時
単体のマシン(World Wide Computer)として動作していると見なせる。
その単一マシンを私たち個人が有効的に活用できるようにするための
カスタマイズ手法(プログラミング方法)こそがマッシュアップの意味だった。
つまり、マッシュアップサイトはブラウザから使えるアプリケーションのようなものの一つだ。
ただし、アプリは単一マシン(World Wide Computer)にインストールされていて
データリソースはインターネット上に蓄積された大量の知的情報である。

例えば、今、大多数の人は自分のPCにインストールされたアプリを使って
プライベートや業務に役立てていることだろう。
そうではなくPCがつながっているWorld Wide Computer上のアプリを
私たち個人のために役立たせることが可能になっている。
World Wide Computer上のアプリであるマッシュアップサイトの特徴は
やはりWebAPIという部品にある。
WebAPIが提供する情報はGoogleMapのような固定的なものだけでなく、
例えば我々が検索した人気クエリーワードやブログのような
大量の流動的かつ知的な情報を使用することができるので
PC上に閉じたのアプリではできなかったダイナミックなことが可能になっている。
また、マッシュアップサイトは世界中の”それが好きでたまらない人達”が作っていることから
バリエーションに富んでいて利便性が高いものも結構あったりする。

ではWorld Wide Computerを自分のために役立てるためにはどうすればいいのだろう。

^譴弔World Wide Computerのアプリであるマッシュアップサイトで
有用なモノを探して利用することだろう。
1. おすすめ紹介(個人的に使える、気になるマッシュアップサイト)
a.ワーダリウム

ネット上で話題となっているキーワードを調べるサイト
癒されるデザインがとても素敵なサイトなので
ちょっとした休憩時に注目ワードをフォローアップできる。
http://www.wordarium.net/

b.アソボール


中心の語から関連するキーワードを芋づる式に表示してくれる。
思いがけない関連語とのつながりを考えるのは楽しい。ある意味受身的連想ゲームだ。
ブレインストーミングに活用できそうだ。
http://word.asso-ball.net/


c.EdBrowser

検索された情報が視覚的に飛び込んでくる。
ユーザーインターフェースが面白いだけかと思ったら、
結構使える。人間の画像認識力はやっぱりすごい。
画像中心なのでキーワードの詳細や深い理解をするのには使えない。
が、この即時的情報の処理が重要な時代にキーワードの関連するWebページの画像、
その他静止画、動画までが一瞬でそろうのは非常に効率的で有用だと思う。
http://d.hatena.ne.jp/re_shikajiro/20080913/1221334928

2. 自分で探すなら
・さまざまなマッシュアップサイトが載っている有名なページといえばやはりココだろう。
http://www.programmableweb.com/mashups
・マッシュアップコンテストもあったりする。
http://mashupaward.jp/

2つ目はやっぱり必要なものは自分で作る。
これは一見ハードルが高そうだができないことはないはず。
(あなたの限界を決めるのはあなた自身です。)
・わかりやすいマッシュアップ講座
http://www.phppro.jp/school/mashup/vol1/1
・(本)マッシュアップAtoZ
→アマゾンで検索


さて、私もマッシュアップサイトを探しては見たが、
「これはかなり役立つしなくてはならない!」と思えるようなものは正直まだない。
現時点ではあくまでサポートツールであってメインツールになるようなものはない。
出張サポート(経路、宿泊先、ご飯どころどまとめて検索)サイトなど使えるものもあったが、
サービス終了してたり、一部機能が使えなくなっていたりと
まだまだ役立つ域に達していないように感じる。

なぜだろうか。
やはり現時点ではWebAPIには人気クエリー順位のような一部のAPIを除いて、
既存情報から意味のある情報を生み出すような
マイニングが施された部品となるものが存在しておらず、
あくまでサービスツール開発者が
”無料で自由に利用できるようになったデジタル情報源”を
1から開発しないですむようになったのにすぎないからではないだろうか。
情報から有用な情報を生み出しそれを提供するような
WebAPIが必要だと思う。

今後、WebAPIがさらに進化することと
単一マシンであるWorld Wide Computerを自分のComputerとして意識し、認識する
という流れが進むことは間違いないと私は思う。
我々は自分たちの意見、考えをこの先も表現するためブログを書くだろうし、
Googleは必死に本をスキャンし情報をアップロードする。
そして、インターネットにはさらに現実世界の情報が落とし込まれていくことになる。
また、その情報に意味が付与されるセマンティックウェブが実現されれば、
機械同士での意味の処理がなされWebAPIの提供する情報は
我々の思考にもっと役に立つものになるだろう。
極端な例を挙げれば、世界中の人々の名前、職業、そして趣味趣向までを
コンピュータ上でまとめ上げ意味のあるものとして提供するようなWebAPIが
登場するかもしれない。

つまり、現時点ではそれほどマッシュアップサイトに期待するのは早い。
しかし、セマンティックウェブの実現が
World Wide Computerのアプリ(マッシュアップサイト)を
大きく進化させるのならば、今やるべきことはその実現のタイミングを計ることと、
簡単なマッシュアップサイトを作成してみて、将来の来るべき時に
自分でWorld Wide Computerのアプリをプログラミングできる土台を作っておくことだろう。

World Wide Computerは我々の力になるはず、
今はまだ他の方法を探していくことにしよう。


↓クリックは私のブログに対する情熱に還元されます。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術評論・デジタル評論へ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

ネットビジネス情報商材−2008.11.8集計ランキング更新

ネットビジネス情報商材の2008.11.8集計ランキング

【堀江貴文・ホリエモンもオススメ!】パソコン教室!397時間動画パソコン教室DVD4枚組ホームページ作成、オフィス(ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス)2003/2007,Photoshop,Illustrator,Dreamweaver

【堀江貴文・ホリエモンもオススメ!】パソコン教室!397時間動画パソコン教室DVD4枚組ホームページ作成、オフィス(ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス)2003/2007,Photoshop,Illustrator,Dreamweaver発行者: 田中洋平

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する